ロベクチンクリーム

ロベクチンのボディーローション

いつもの雑誌に目が釘付けになり、どういうわけか「これだ!」と思ったんです。それは、「ロベクチン」の紹介でした。

 

敏感肌、乾燥肌。いつでもボディークリームが欠かせない私は、ロベクチンのボディーローションに期待していたんです。

 

雑誌で見たそれを検索してみて、まずは理論でその良さを感じました。美しいボディーを手に入れるために必要だったのは、スキンバリアだったんです。

 

肌を外的刺激から守る、スキンバリア。これは、いろいろな刺激によって壊されてしまいます。

 

ロベクチン独自の「バリアリペアコンプレックス」は、スキンバリアの構成成分である脂質を植物由来で再現したもの。水分量と油分量をちょうどよく調え、失われていたスキンバリアを復活させます。

 

するとどうなるか。

 

刺激を受けた敏感な肌が落ち着きを取り戻し、乾燥を緩和していきます。

 

そして、乾燥を防ぐ効果は「シルキーシールドベース」にお任せ。肌に必要な水分量を維持して、乾燥や刺激から肌を守ります。

 

それでいて、べたべたしたりしないのが特徴。よく伸びて柔らかく、シルクのような肌に仕上げてくれます。
高い保湿力を持ちながらスキンバリアを維持できる、とにかくやさしいスキンケア。これは使ってみなければと思い、お試しのミニセットを購入してみました。

 

お風呂上り、水分が蒸発しないうちに、ボディーローションを身体に塗ります。たしかに、べたべたせずに心地よい感触を感じました。伸びがよくてあっさりしているのに、この安心感が不思議です。

 

今度は身体で、その良さを実感できました。ずっと続けていきたいと思ったのは、ロベクチンが初めてかもしれません。

 

ロベクチンローション単品通販はこちら

 

↑ PAGE TOP